専属ワインアドバイザーが厳選したワインをあなたに

What’s best about IPPON ICHIE 逸本一会のご紹介

  • point1高く評価されるソムリエの目
    5人の経験豊富なソムリエが一本一本吟味した最高の味と香りのワインを、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、南アフリカ、ギリシャの銘醸地域からお届けします。
  • point2こだわりある 豊富な品揃え
    30年以上の実績に裏打ちされたワイン選び・品揃えで「あなたのワイン」選びのお役に立ちます。
  • point3一人ひとりのワインへの思いを大切に
    温度・湿度など24時間体制で管理された専用倉庫でワインを保管。思いのこもった大切な「あなたのワイン」を常に最高の状態でお届けします。

お知らせ

IPPON ICHIE に会員登録いただけるのは、JSRグループ関係者、および関係者より紹介を受けた方です。
ご登録の際は、「紹介者名」を明記してください。
(関係者以外が会員登録された場合、登録を無効化させていただく場合があります。ご了承ください。)

[2021.09.07]

【お詫び】商品変更のお知らせ

「頒布会Aコース」「頒布会Bコース」11月お届け分のワインが変更になりました。
毎年11月の頒布会はボージョレ・ヌーヴォと、格上のボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォのセットをお届けしていましたが、2021年は生産者の都合でボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォのみの入荷となってしまいました。
飲み比べを楽しみにしていただいていたお客様には大変申し訳ありませんが、2021年はボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォを2本をお届けいたします。
離れて暮らすご家族やご友人に贈られたり、多くの方に旬の味わいを楽しんでいただければ幸いです。

・Aコース⇒ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ×2本
・Bコース⇒ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ×2本、ブルゴーニュ・ブラン×1本

[2021.08.11]

【お詫び】商品変更のお知らせ

「頒布会Aコース」12月お届け分のワインが以下の通り変更となりました。

クロード・ド・ヴィルヌーヴ・ノンアルコール・スパークリング・マスカット
 ↓
ゴールドラッシュ・キュヴェ・ドール・エクストラドライ

ノンアルコールスパークリングからアルコール含有のスパークリングワインへと変更になります。
楽しみにしていただいていたお客様には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

IPPON ICHIE ワインの定期販売 Start! 詳しくはこちら

備えて安心防災グッズ 詳しくはこちら

専属ワインアドバイザーが厳選したワインをあなたに
 

トップ > 利用シーンから探す > プレゼントとして > マリー・ワイス・ブリュット

マリー・ワイス・ブリュット

この商品について

品番
F81-16XX
格付け / 生産地区
AOC シャンパーニュ
年号
NV
容量
750ml
非会員価格
5,280 円(税込)
残在庫数
残りあと50個
受賞歴
メディア掲載

※ラッピング等ギフト対応のご注文はこちらから

購入数 かごに入れる

専属ワインアドバイザーレビュー

天使のラベルは幸せのおまじない。幸福を願うシャンパーニュ

1930年創業、家族経営のシャンパーニュハウス。モンターニュ・ド・ランス地区リュード村とマイィ村の自社畑でピノ・ノワールとピノ・ムニエを栽培。シャルドネ種は20年以上付き合いのある契約農家より、手摘みされたものを厳選して購入しています。このシャンパーニュは70%以上が1級と特級畑のブレンドです。ブドウ品種はシャルドネ43%、ピノ・ムニエ30%、ピノ・ノワール27%をアッサンブラージュ。 伝統にこだわり、職人の絶妙の力加減で手作業で搾汁。動瓶作業も1本1本手動で行われ、地下25メートルにある同家自慢の低温のカーヴでじっくりと熟成されます。きめ細かな上質な逸品です。

カテゴリー

産地・品種 フランス シャンパーニュ ・ 白 シャルドネ主体
味わい 白 辛口
料理 塩系 / 醤油・味噌系 / ソース(トマト)系 / ソース(スパイス)系 / クリーム系 / スパイス系
利用シーン プレゼントに / パーティで / レストランで

生産地について

.

シャンパーニュは一般には、フランスのシャンパーニュ=アルデンヌ地域圏で生産されたブドウのみを使い、瓶内二次発酵を行った上で15か月以上の熟成を経た、いわゆるシャンパン製法のスパークリングワインを指す。元となるワインは様々なレシピによりブレンドされる点や、二次発酵のために発泡のもととなるシロップを添加する点(ティラージュ)、また仕上げにリキュールとシロップを添加(ドザージュ)する点も特徴である。

ほぼ同様の工程を経たスパークリングワインとして、スペインの「カヴァ」、イタリアの「スプマンテ」(一般名詞)、ドイツの「ゼクト」(一般名詞)がよく知られている。また、フランス国内でもアルザス地域圏の「クレマン・ダルザス」、ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏の「クレマン・ド・ロワール」、ブルゴーニュ地域圏の「クレマン・ド・ブルゴーニュ」等があるが、シャンパンはその選定基準の厳しさと熟成期間の長さにおいて突出している。フランス国内の酒屋(それぞれのクレマンの産地地元は除いて)やスーパーマーケットでも、シャンパンは他地域のスパークリングワインと比較してずっと高額である。

AOCが制定された当時、シャンパーニュ地方以外の地域でもシャンパンという名称でスパークリングワインが生産されており、スパークリングワインの一般名称であった。現在でもカリフォルニア・シャンパンという呼称でカリフォルニア産のスパークリングワインがつくられているのは、200年以上生産されてきた歴史に基づいている。しかし近年では、フランスのAOC法が尊重され、AOCの規格に則って製造されたシャンパーニュ地方製のスパークリングワインだけが、シャンパンと名乗ることを認められ、その他のフランス製スパークリングワインはヴァンムスー(Vin Mousseux)と呼ばれている。