専属ワインアドバイザーが厳選したワインをあなたに

What’s best about IPPON ICHIE 逸本一会のご紹介

  • point1高く評価されるソムリエの目
    5人の経験豊富なソムリエが一本一本吟味した最高の味と香りのワインを、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、南アフリカ、ギリシャの銘醸地域からお届けします。
  • point2こだわりある 豊富な品揃え
    30年以上の実績に裏打ちされたワイン選び・品揃えで「あなたのワイン」選びのお役に立ちます。
  • point3一人ひとりのワインへの思いを大切に
    温度・湿度など24時間体制で管理された専用倉庫でワインを保管。思いのこもった大切な「あなたのワイン」を常に最高の状態でお届けします。

お知らせ

IPPON ICHIE に会員登録いただけるのは、JSRグループ関係者、および関係者より紹介を受けた方です。
ご登録の際は、「紹介者名」を明記してください。
(関係者以外が会員登録された場合、登録を無効化させていただく場合があります。ご了承ください。)

[2021.09.07]

【お詫び】商品変更のお知らせ

「頒布会Aコース」「頒布会Bコース」11月お届け分のワインが変更になりました。
毎年11月の頒布会はボージョレ・ヌーヴォと、格上のボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォのセットをお届けしていましたが、2021年は生産者の都合でボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォのみの入荷となってしまいました。
飲み比べを楽しみにしていただいていたお客様には大変申し訳ありませんが、2021年はボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォを2本をお届けいたします。
離れて暮らすご家族やご友人に贈られたり、多くの方に旬の味わいを楽しんでいただければ幸いです。

・Aコース⇒ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ×2本
・Bコース⇒ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ×2本、ブルゴーニュ・ブラン×1本

[2021.08.11]

【お詫び】商品変更のお知らせ

「頒布会Aコース」12月お届け分のワインが以下の通り変更となりました。

クロード・ド・ヴィルヌーヴ・ノンアルコール・スパークリング・マスカット
 ↓
ゴールドラッシュ・キュヴェ・ドール・エクストラドライ

ノンアルコールスパークリングからアルコール含有のスパークリングワインへと変更になります。
楽しみにしていただいていたお客様には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

IPPON ICHIE ワインの定期販売 Start! 詳しくはこちら

備えて安心防災グッズ 詳しくはこちら

専属ワインアドバイザーが厳選したワインをあなたに
 

トップ > 産地から探す > フランス ブルゴーニュ > ドメーヌ・デ・ショーム シャブリ

ドメーヌ・デ・ショーム シャブリ

この商品について

品番
F27-0017
格付け / 生産地区
ブルゴーニュ
年号
2017
容量
750ml
非会員価格
4,070 円(税込)
残在庫数
残りあと26個
受賞歴
メディア掲載

※ラッピング等ギフト対応のご注文はこちらから

購入数 かごに入れる

専属ワインアドバイザーレビュー

シャブリの本質が味わえる高いパフォーマンス!

ドメーヌ・デ・ショームが位置するのはシャブリの中心部からセーヌ川沿いを北に7キロほど下ったMaligny村。所有する畑のうち、10ha強がシャブリAOCとシャブリ・プルミエクリュ、残りはプティ・シャブリとなります。ほとんどの樹は35年前後の樹齢ですが、なかには115年を越える古木もあるとのことです。栽培手法はリュット・レゾネが採用され、サスティナブルにも重きを置いています。傾斜のある畑は当然シャブリ特有のキメリジャン(石灰質土壌)。このワインはステンレスタンクとエナメルタンクで発酵させボトリングした樽熟無しのワイン。シャブリらしい骨格のあるテクスチャがそのまま生かされており、瑞々しい中にしっかりと芯のある味わいが楽しめます。

カテゴリー

産地・品種 フランス ブルゴーニュ ・ 白 シャルドネ主体
味わい 白 辛口
料理 塩系 / ソース(トマト)系 / クリーム系
利用シーン 家飲みに / パーティーで / レストランで / プレゼントに

生産地について

.

ワインの産地名(AOC)上の「ブルゴーニュ」は、ブルゴーニュ地域圏のコート・ドール県に属すコート・ド・ニュイ、オート・コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌ、オート・コート・ド・ボーヌ、ソーヌ=エ=ロワール県に属すコート・シャロネーズ、マコネー、ローヌ県のボジョレー、さらにその遥か西方に位置するヨンヌ県のシャブリの8つの地区から成る。

ブルゴーニュは、フランス南西部のボルドーと並び賞される、世界で最も有名なワイン産地の一つ。

ブルゴーニュ地域圏の中心都市ディジョンから、ソーヌ川の下流、南のリヨンに至るまでの地域は、ブルゴーニュのワイン街道と呼ばれ、優れた産地が集中している。

ワインの呼称に「ブルゴーニュ」を含むためには、赤ワインはピノ・ノワール、ガメ(ガメイ)、ピノ・リエボー、セザール、トゥルソ、ピノ・グリ、白ワインではシャルドネ、アリゴテ、ピノ・ブラン、ムロン・ド・ブルゴーニュなどの品種を使用しなければならない。また、AOCブルゴーニュ、コート・ドール県とシャロネーズ地区、およびその地区の産地を名乗るためには、白ワインであればシャルドネ、赤ワインであればピノ・ノワール種を100%使用しなければならない。

ボジョレーとマコネー地区はガメが主体であり、ヨンヌ県で作られる赤にはセザール種とトゥルソ種が使用されている。ボジョレーとそのより限定された産地を名乗る赤ワインには、主体にガメが使用され、「マコン」などマコネー地区を名乗る赤ワインは、ガメ、ピノ・ノワール、ピノ・グリの3種から造られるとされている。

なおブルゴーニュのAOCは、地方名(ブルゴーニュ)・地区名(コート・ド・ボーヌ、コート・ド・ニュイなど)、村名(ヴォーヌ・ロマネなど)・畑名(ロマネ・コンティなど)があり、範囲が狭くなるほど規制が厳しい。