専属ワインアドバイザーが厳選したワインをあなたに

What’s best about IPPON ICHIE 逸本一会のご紹介

  • point1高く評価されるソムリエの目
    5人の経験豊富なソムリエが一本一本吟味した最高の味と香りのワインを、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、南アフリカ、ギリシャの銘醸地域からお届けします。
  • point2こだわりある 豊富な品揃え
    30年以上の実績に裏打ちされたワイン選び・品揃えで「あなたのワイン」選びのお役に立ちます。
  • point3一人ひとりのワインへの思いを大切に
    温度・湿度など24時間体制で管理された専用倉庫でワインを保管。思いのこもった大切な「あなたのワイン」を常に最高の状態でお届けします。

お知らせ

IPPON ICHIE に会員登録いただけるのは、JSRグループ関係者、および関係者より紹介を受けた方です。
ご登録の際は、「紹介者名」を明記してください。
(関係者以外が会員登録された場合、登録を無効化させていただく場合があります。ご了承ください。)

[2021.09.07]

【お詫び】商品変更のお知らせ

「頒布会Aコース」「頒布会Bコース」11月お届け分のワインが変更になりました。
毎年11月の頒布会はボージョレ・ヌーヴォと、格上のボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォのセットをお届けしていましたが、2021年は生産者の都合でボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォのみの入荷となってしまいました。
飲み比べを楽しみにしていただいていたお客様には大変申し訳ありませんが、2021年はボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォを2本をお届けいたします。
離れて暮らすご家族やご友人に贈られたり、多くの方に旬の味わいを楽しんでいただければ幸いです。

・Aコース⇒ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ×2本
・Bコース⇒ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ×2本、ブルゴーニュ・ブラン×1本

[2021.08.11]

【お詫び】商品変更のお知らせ

「頒布会Aコース」12月お届け分のワインが以下の通り変更となりました。

クロード・ド・ヴィルヌーヴ・ノンアルコール・スパークリング・マスカット
 ↓
ゴールドラッシュ・キュヴェ・ドール・エクストラドライ

ノンアルコールスパークリングからアルコール含有のスパークリングワインへと変更になります。
楽しみにしていただいていたお客様には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

IPPON ICHIE ワインの定期販売 Start! 詳しくはこちら

備えて安心防災グッズ 詳しくはこちら

専属ワインアドバイザーが厳選したワインをあなたに
 

トップ > 品種から探す > 白 リースリング主体 > カーヴ・ド・トゥルクハイム リースリング レゼルブ

カーヴ・ド・トゥルクハイム リースリング レゼルブ

この商品について

品番
F21-1218
格付け / 生産地区
AOC アルザス
年号
2018
容量
750ml
非会員価格
2,970 円(税込)
残在庫数
残りあと50個
受賞歴
メディア掲載

※ラッピング等ギフト対応のご注文はこちらから

購入数 かごに入れる

専属ワインアドバイザーレビュー

アルザス地方を代表する秀逸なブランド

カーヴ・ド・トゥルクハイムはアルザス地方を代表する生産者協同組合。彼らのワインはフランスで最も有名な小売店のフォション、ニコラスをはじめとして多くのプロから愛されています。また「ギィ・ド・アシェット」、「ゴーミヨー」などのフランス誌でも「アルザス地方最良の醸造所」と紹介されているほど。このワインは、レモンやグレープフルーツといった溌溂とした酸に、鉱物のようながっちりとした芯、ほのかにクリスピーの印象が徐々に湧き出してくる奥行きのある味わいです。アルザス地方の郷土料理シュークルートはもちろんですが、家禽類の肉との相性は最高です。

カテゴリー

産地・品種 フランス アルザス ・ 白 リースリング
味わい 白 辛口
料理 塩系 / 醤油・味噌系
利用シーン パーティで / 家飲みに

生産地について

.

アルザスワインは、フランス北東部にあるアルザス地域圏で生産されるワインの総称である。主な生産地は、ライン川とヴォージュ山脈に挟まれた地域で、AOCは、アルザスと、1975年に制定された高級品のアルザス・グラン・クリュがある。アルザス地方は歴史的・文化的にドイツとの関係が深く、また気候もフランスのワイン産地の中では一番寒くドイツに似ているため、栽培されているブドウ品種もドイツのものが多い。そのため、アロマが豊かな白ワインが多いのもドイツワインによく似ており、ボトルも細長くて明るい緑色のもので、一見するとモーゼルワインとそっくりである。

ただし味わいは、ドイツ産は甘口のものが多いのに対し、アルザスワインはすっきりとした辛口がほとんどである。

フランスのほとんどの高級ワインは、地域名より細かい地区名や村名などが明記されたものが多いが、アルザスでは、品種名が書かれていることが多い。リースリング、ゲヴュルツトラミネール、ミュスカ、ピノ・グリはグラン・クリュにセパージュ表記できる品種である。また、果汁1Lあたりの糖の最低含有量が一定以上であれば、ヴァンダンジュ・タルディヴ(遅摘み)、セレクション・グラン・ノーブル(粒選り摘み、貴腐)と付記することができる。

他にはピノ・ノワール 、ピノ・ブラン、シルヴァネールなどが栽培されている。