専属ワインアドバイザーが厳選したワインをあなたに

What’s best about IPPON ICHIE 逸本一会のご紹介

  • point1高く評価されるソムリエの目
    5人の経験豊富なソムリエが一本一本吟味した最高の味と香りのワインを、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、南アフリカ、ギリシャの銘醸地域からお届けします。
  • point2こだわりある 豊富な品揃え
    30年以上の実績に裏打ちされたワイン選び・品揃えで「あなたのワイン」選びのお役に立ちます。
  • point3一人ひとりのワインへの思いを大切に
    温度・湿度など24時間体制で管理された専用倉庫でワインを保管。思いのこもった大切な「あなたのワイン」を常に最高の状態でお届けします。

お知らせ

IPPON ICHIE に会員登録いただけるのは、JSRグループ関係者、および関係者より紹介を受けた方です。
ご登録の際は、「紹介者名」を明記してください。
(関係者以外が会員登録された場合、登録を無効化させていただく場合があります。ご了承ください。)

[2021.09.07]

【お詫び】商品変更のお知らせ

「頒布会Aコース」「頒布会Bコース」11月お届け分のワインが変更になりました。
毎年11月の頒布会はボージョレ・ヌーヴォと、格上のボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォのセットをお届けしていましたが、2021年は生産者の都合でボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォのみの入荷となってしまいました。
飲み比べを楽しみにしていただいていたお客様には大変申し訳ありませんが、2021年はボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォを2本をお届けいたします。
離れて暮らすご家族やご友人に贈られたり、多くの方に旬の味わいを楽しんでいただければ幸いです。

・Aコース⇒ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ×2本
・Bコース⇒ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ×2本、ブルゴーニュ・ブラン×1本

[2021.08.11]

【お詫び】商品変更のお知らせ

「頒布会Aコース」12月お届け分のワインが以下の通り変更となりました。

クロード・ド・ヴィルヌーヴ・ノンアルコール・スパークリング・マスカット
 ↓
ゴールドラッシュ・キュヴェ・ドール・エクストラドライ

ノンアルコールスパークリングからアルコール含有のスパークリングワインへと変更になります。
楽しみにしていただいていたお客様には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

IPPON ICHIE ワインの定期販売 Start! 詳しくはこちら

備えて安心防災グッズ 詳しくはこちら

専属ワインアドバイザーが厳選したワインをあなたに
 

トップ > 産地から探す > 南アフリカ > ヴァンテージ・ピノタージュ

ヴァンテージ・ピノタージュ

この商品について

品番
A12-0418
格付け / 生産地区
ステレンボッシュ
年号
2018
容量
750ml
非会員価格
4,180 円(税込)
残在庫数
残りあと50個
受賞歴
メディア掲載

※ラッピング等ギフト対応のご注文はこちらから

購入数 かごに入れる

専属ワインアドバイザーレビュー

これぞピノタージュの秀逸ワイン!

ステレンボッシュで最も存在感を示す壮麗なシェープのシモンズバーグ・マウンテン。レムフクトはその南西側の麓部分の斜面に位置するワイナリー。複雑な土壌はおよそ2億5千万年も前からのものであり、世界を見てもかなり古い地質のひとつと言えます。気候は地中海性気候で、寒く湿った冬と温かく乾いた夏を迎えます。所有する葡萄畑はおよそ30ha。山の側面に位置するため高低差は大きく、もっとも高い地点と低い地点の差は100メートルもあります。ピノタージュは南ア独特のブッシュヴァイン(背丈の低い株仕立て)で栽培される。レムフクトでは一見して分かる丁寧な整枝が施されていおり、その樹から完熟を待って収穫されたブドウは更に三回もの厳しい選果を経て発酵。ピノタージュにおいて非常に希少洗練された味わいに仕上がっています。

カテゴリー

産地・品種 南アフリカ ・ 赤 その他
味わい 赤 フルボディ
料理 醤油・味噌系 / ソース(トマト)系 / ソース(スパイス)系 / スパイス系
利用シーン パーティーで / 家飲みに / レストランで

生産地について

.

南アフリカ共和国のブドウ栽培地域のほとんどは、西ケープ州の沿岸部に近い場所にあるが、同州の北部と東部の内陸部にあたるリトル・カルー、オリファンツ・リヴァー・ヴァレイ、それにオレンジ河下流でもブドウが栽培されワインが造られている。地方間の気候の差は大きく、そのことが地方ごとに造られるワインのタイプやスタイルに多様性をもたらしている。

1918年、栽培農家に継続的かつ安定した収入を保証するため、南アフリカワイン醸造者共同組合連合、略してKWVが設立され、生産過剰の是正と出荷調整がされるようになった。1973年には、ワインおよびその他のスピリッツ類を管理する委員会が発足し、原産地統制呼称制度もつくられ、品質の管理や栽培地域、ブドウ品種、ラベルの規制などを行う機関として活動している。

近年、アメリカや日本などの国々にも輸出量が急上昇している。国内でも、ヨハネスブルクなどの大都会を中心に高級ワインの需要が増えている。これまでワインをバルクで売っていた人も自社のラベルで瓶詰するようになった。国際的な需要の高まりを見越して、スイスやドイツからブドウ畑への投資も始まっている。

南アフリカ共和国のブドウ品種は白のスティーンが有名で、これはフランスのシュナン・ブランと同種のものである。ヨーロッパ優良品種が多く栽培されているが、黒ではピノタージュが最も多く、良質のワインの原料にもなっている。ピノタージュはピノ・ノワールとサンソーとの交配種で、南アフリカ共和国独自の品種である。